「新たな伝統の創造」

ようこそ逗子高校のホームページへ!

平成27年4月1日付けで、校長に着任した佐久間です。
第29代校長 佐久間 健
   
 本校は大正11年4月10日に逗子町立逗子実科女子高等学校として開校し、本年で94年の歴史を誇る「伝統校」です。この間、2万人近い卒業生を輩出し、社会に貢献してきました。
 
 私も昭和52年に本校を卒業し、校歌にある「規律」・「自由」・「自立」の精神を尊び、恩師や多くの友人・後輩に恵まれ、充実した三年間の青春の時を過ごしました。

 40年の歴史を経ても校舎・体育館・グラウンドは当時のままですが、中庭の小さかった桜は見事な大木となり、「風格」さえ感じます。桜の満開のもと、自分の人生と桜を重ね合わせ、一年一年の時を刻むことの大切さを、あらためて桜から教えてもらいました。また、歴史ある学び舎をいとおしみ、大切に使うことを桜の木に誓いました。

 「伝統」の継承はもとより、100年の歴史にむけた「新たな伝統」を、教職員・生徒・保護者の皆様と「創造」していきたいと思っています。本校の教育活動にご理解をいただき、ますますのご協力をいただければ幸いです。 

 卒業生の皆さん、お近くにお寄りの際は、ぜひ校長室をお訪ねください。お待ちしております。